前へ
次へ

アルカロイドやアルギニンも豊富な根菜類のマカ

アンデス山脈は南米大陸の長大な山であり、北部にあるペルーが原産の見た目はまるで株のような形をしているマカは、アブラナ科の根菜類になります。栽培場所は標高4000mという過酷地帯ではあるものの、環境的には非常に厳しいのに力強く育つのも特徴です。現地の人々はその力強い真かを昔から愛してやまない存在として、健康をずっと支えてきた植物でもあります。日本人にとってはマカはイコールサプリメントのイメージですが、アミノ酸を豊富に含む根菜類の食品です。アミノ酸であるアルギニンがマカの大きい特徴であり、成長ホルモンの分泌を促進させるのが得意であり、免疫力を向上させたり、体内細胞の代謝のサポートもする優秀な存在です。植物の食用となるのは根茎の部分二なりますが、日本の畑で普通に栽培をすることはなく、市販されているのは根茎をすでに加工した商品になります。通販やショップでの購入になりますが、推奨摂取量として1日にあたりでは、ほんの小さじに3分の2程度ですからほんの少しで大丈夫です。

Page Top