前へ
次へ

中央市場でフィレンツェ市民のようにイタリア食材を

フィレンツェ市民にとってまさに台所ともいえるのが、メルカート・チェントラーレの中央市場であり、毎朝のように地元住民が通うほど人気の市場です。営業時刻は市場なので朝7時にはオープンで午後は14時にはクローズですが、地元住民だけではなく旅人も食材を求めて訪れるほど人気があります。秘訣は新鮮な地元食材を安く購入できるためであり、旅行者であれば日常の食材目的だけではなく、お土産を購入するにも最適な場所です。いくつもの食材のショップが集まっていますし、中にはトリュフのペーストなど、市販商品の試食をできるチャンスもあるので、お試しで味見をしてから食材を購入できるかもしれません。イタリアならではのスパイスも各種取り揃えていますし、真空パックにしてくれるサービスのお店もあるので、旅行のお土産で買うにしてもスーツケースに入れやすいです。レモンのリゾットやトリュフ塩に乾燥ポルチーニ茸、乾燥ジェノベーゼソースやペコリーノチーズなど、中央市場ではあらゆるこの国の食材に出会うことができます。

Page Top